住宅・建築物 省エネルギー基準等  算定・届出の総合サポート

算定プログラムの概要

HOME > 建築物 > 算定プログラム > 概要

非住宅建築物の省エネルギー基準及び低炭素建築物の認定基準の評価を行うために開発されたプログラムの概要について説明します。

算定プログラム及びプログラム解説は、国立研究開発法人 建築研究所よりインターネットを通じて公開されています。(国立研究開発法人 建築研究所「住宅・建築物の省エネルギー基準及び低炭素建築物の認定基準に関する技術情報」
※算定プログラムは、使用者がサーバーへ直接アクセスして使用します。プログラムをダウンロードして使用者側のコンピュータへインストールする必要はありません。

1.平成25年省エネルギー基準及び低炭素建築物の認定基準と算定プログラム及び
 プログラム解説

平成25年省エネルギー基準及び低炭素建築物の認定基準と、その算定プログラム及びプログラム解説の一覧を以下に示します。

平成25年省エネルギー基準
低炭素建築物の認定基準
算定プログラム プログラム解説(入力マニュアル)
通常の計算法 外皮 PAL* PAL*・一次エネルギー消費量算定用Webプログラム PAL*算定プログラムの解説
設備 一次エネルギー消費量
【標準入力法】
一次エネルギー消費量算定プログラムの解説
一次エネルギー消費量
【主要室入力法】
主要室入力法による一次エネルギー消費量算定プログラムの解説
簡易評価法 外皮 モデル建物法(PAL*)
<5,000m2以下>
モデル建物法入力支援ツール
(PAL*)
モデル建物法入力支援ツールの解説
設備 モデル建物法(一次エネルギー消費量)
<5,000m2以下> ※1
モデル建物法入力支援ツール
(一次エネルギー消費量)

※1 簡易評価法であるモデル建物法は、低炭素建築物の認定基準には使用出来ません。

「通常の計算法」で評価する場合は、「PAL*・一次エネルギー消費量算定用Webプログラム」を使用します。

「PAL*・一次エネルギー消費量算定用Webプログラム」は、「標準入力法」、又はその簡易な入力法である「主要室入力法」のいずれかの入力方法を選択して使用します。「主要室入力法」の評価結果は「標準入力法」より若干安全側となりますので、ご注意ください。

「簡易評価法」は5,000m2以下の非住宅建築物に適用可能であり、「モデル建物法」で評価します。「モデル建物法」で評価するには「モデル建物法入力支援ツール」を使用して評価を行います(省エネルギー基準のみ使用可能)。評価結果は「通常の計算法」より安全側となりますので、ご注意ください。

低炭素建築物の認定基準には、簡易評価法である「モデル建物法」は使用出来ませんので、ご注意ください。