住宅・建築物 省エネルギー基準等  算定・届出の総合サポート

モデル建物法入力支援ツール

HOME > 建築物 > 算定プログラム > モデル建物法入力支援ツール

簡易評価法で評価を行うためのプログラム「モデル建物法入力支援ツール」について説明します。

算定プログラム及びプログラム解説は、国立研究開発法人 建築研究所よりインターネットを通じて公開されています。(国立研究開発法人 建築研究所「住宅・建築物の省エネルギー基準及び低炭素建築物の認定基準に関する技術情報」(以下、「国立研究開発法人 建築研究所のホームページ」と言う))

1.簡易評価法と算定プログラム及びプログラム解説

平成25年省エネルギー基準 算定プログラム プログラムの解説書(入力マニュアル)
簡易評価法 外皮 モデル建物法(PAL*)
<5,000m2以下> ※1
モデル建物法入力支援ツール
(PAL*)
モデル建物法入力支援ツールの解説
設備 モデル建物法(一次エネルギー消費量)
<5,000m2以下> ※1
モデル建物法入力支援ツール
(一次エネルギー消費量)

※1 簡易評価法であるモデル建物法は、低炭素建築物の認定基準には使用出来ません。

簡易評価法である「モデル建物法」で評価を行うには、「モデル建物法入力支援ツール」を使用します。

2.モデル建物法の適用範囲

  • 延床面積が5,000m2以下の非住宅建築物であること。
  • モデル建物法では、評価対象建築物の全ての外皮及び設備について入力するわけではありません。仕様を入力する外皮及び設備の範囲(画像を表示)を示します。
  • また、空気調和設備において次の熱源システムを持つシステムは評価が行えないため、「通常の計算法」で評価を行う必要があります。
    • セントラル方式
    • 氷蓄熱パッケージエアコン(ビル用マルチ方式を含みます)
    • 地域冷暖房施設から熱供給を受けている場合
    • 上記方式と他の方式の併用

3.モデル建物法 評価の流れ

プログラムを使用して評価を行うには、「モデル建物法入力支援ツール」へアクセスし、入力画面に直接評価対象建築物の設計仕様を入力して、評価結果を得ます。

「モデル建物法」では、評価対象建築物のPAL*及び一次エネルギー消費量の算定値は表示されず、BPIm及びBEImのみで評価を行います。

評価の流れ(画像を表示)を示します。

4.モデル建物法入力支援ツール

モデル建物法入力支援ツール

評価対象建築物の設計仕様をプログラムの入力画面に入力して評価結果を得ます。

入力項目のうち、例えば複数の部材の仕様を平均した値など、事前に算定が必要な項目については、集計表を用いて算定する方法がプログラムの解説書で解説されています。集計表については、下記の集計表についての説明を参照してください。

プログラムはバージョンアップすることがありますが、国立研究開発法人 建築研究所のホームページでは、その後半年間、旧バージョン(最新版の1つ前のバージョン)のプログラムURLも公開しており、届出又は申請に使用することも妨げられてはいません。(旧バーションのURLは最新版プログラムの真下に掲載しています)

5.集計表

集計表

集計表は、国立研究開発法人 建築研究所のホームページからダウンロード出来ます。

前述のとおり、外壁や窓の仕様、設備機器の仕様等を整理して合計値や平均値等を算出するのに用いることが出来ます。

外皮と空調設備の集計表が各2枚、機械換気設備、照明設備、給湯設備が各1枚、合計7枚の集計表から構成されています。

6.プログラムの解説書(入力マニュアル)

モデル建物法入力支援ツールの解説

モデル建物法入力支援ツールの解説書は、主に評価対象建築物の設計仕様を入力画面へ入力する方法について解説しています。国立研究開発法人 建築研究所のホームページよりダウンロードすることが出来ます。

プログラムの解説書は

として、平成25年11月に発行されました。
その後も変更を反映した最新版が公開されています。